ロングスリーブがトレードマーク!噂のVETEMENTSってなに?

vet

世界中のファッショニスタを虜に!VETEMENTS(ヴェトモン)とは??

03_vetements

http://www.wallpaper.com/fashion/fashionweeks/womenswear-aw-2015/paris/vetements-aw-2015

2016年最も注目されているブランドである「VETEMENTS(ヴェトモン)」。G-DRAGONやKANYE WESTをはじめとする世界中のファッショニスタに愛されるVETEMENTSについて今回はご紹介します!

VETEMENTSは「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」といったビッグメゾンで活動をしていた、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が立ち上げたブランドです。VETEMENTSは2015年、初めてパリ・コレクションにオンスケジュールし、今季からは、メンズのコレクションも始まりました。

about-vetements

http://mensdrip.com/fashion/vetements

ヴェトモンの特徴はなんといっても袖の長さ!この独特なシルエットが多くのオシャレさんから指示されています。特にロングスリーブのパーカーはハイストリート好きにはたまらない商品となっており、なかなか手に入れることも難しくなっています。そんなヴェトモンはストリートクチュールという分野の先駆者です。

しかしストリートクチュールという言葉だけでは説明しきれないほど、ヴェトモンは様々な要素が混ざっています。なのでフランス語で仕立て屋を意味する「COUTURE(クチュール)」と「STREET(ストリート)」そして「MIX」をあわせて「MIXTURE STREET(ミクスチュールストリート)」と最近は呼ばれています。そんな今をトキメクブランドを立ち上げたデムナ・ヴィザリアに関して詳しくみていきましょう!

 


デムナ・ヴィザリアって誰??

demna-gvasalia-mode-design-balenciaga-1-640x360-1

http://monica.mybrands.jp/fashion/259

デムナ・ヴィザリアは1981年に誕生しました。デムナは幼いころに、ソビエト連邦の崩壊とジョージアの独立を経験。この体験が彼の多様性のあるデザインに繋がっています。ファッションに興味を持ち、ベルギーにある芸術アカデミーに入学。その後主席で卒業しました。学校を卒業後、友人と「STEREOTYPES(ステレオタイプス)」というブランドを立ち上げます。しかし、このブランドはなかなか上手くいかずに、クローズしてしまいました。

その後、メゾンマルジェラ、ルイヴィトン、マーク・ジェイコブスのもとで働き、「ヴェトモン」を立ち上げたのです!ヴェトモンの凄さは、その多様性にあります。Tシャツやワークパンツのユニフォーム要素、エレガントなドレスのオートクチュールの要素、ドロップショルダーなどのテーラードの要素。これらの異なる要素をすべて繋ぎ合わせて独自の世界観を表現できるデムナにしかできない凄技なのです!

デムナは先ほども書いたように、幼いころにソビエト連邦の崩壊やジョージアの独立を経験しました。デムナは孤立していたソビエト連邦で思春期を過ごしており、文化に対する強い飢えを感じていました。なので、ソビエト連邦が崩壊したことにより、彼はその飢えを満たすために様々な文化を吸収したのです。結果それらがヴェトモンに繋がっているのでしょう。

cd93b5e49732dc55a9be49c20951b1d8

http://mensdrip.com/fashion/vetements

ヴェトモンが話題になっている理由はさらにもう一つあり、なんとコレクションで18ものブランドとコラボしたのです。「リーバイス」「ヘインズ」「コム デ ギャルソン」「カーハート」「カナダグース」「カワサキ」などなど。デムナが1人で選んだとは思えないほど、バラエティに富んだ選択です。きっと様々な文化を吸収したからこそできた選択なのでしょう!

このようにブランドだけでなく、そのブランドを手がけているデザイナーについて詳しく知るとよりおもしろいですね!ファッションは、服を着るだけでなく「知ること」も大切です。これからもFANCYを読んでくださるみなさんに、ファッションって楽しい!と思えるような記事を送ります♫